ひといきついていました

久しぶりの更新。2月いっぱいは、バカシオンを満喫していました。クスコ、マチュピチュ、ラ・パス、ウユニ塩湖などといった、ペルー、ボリビアの定番スポットに足を運んでいた。通常貝のように家にこもって勉強と研究の日々を過ごしていた私で、ひさしぶりのお出かけだったわけだ。

 

ペルーは、「生きた博物館(El museo viviendo)」と呼ばれるほどに、社会・文化が歩んできた多様な歴史が様々な感覚を通じて入ってくる。先コロンブス期、インカ帝国、植民地時代、武力闘争と新自由主義の到来といった歴史が、呼吸と共に吸い込まれ、足を運ぶ一歩一歩のその先に染み込んでいるのを感じる。旅行をすればもう全身が生きた博物館を回っているのを楽しめるのがこの国だ。

 

ぜひ訪れてみてほしい。カミソリもとおさないインカ帝国式の石の壁と、大天使ミカエルが悪魔を倒す様子が掘られたカテドラルが同時に存在する高地文化を。マルティン・チャンビの写真に写る、もうかつての黄金の栄光を失った白黒写真にとられる村落の写真を現在のにぎわう通りと比べてもいい。イキトスのアマゾン川を下れば、森の中を訪れれば、雨季に水嵩を増した跡が、われわれよりも長く根を張る大木に傷として刻み込まれているのを見るだろう。依然訪れた草むら、這い上がった土手の上を、今は屋根つきのカヌーで移動する。地図はアマゾンを描くことができない。常に風景は変わってしまうからだ。20世紀の初め、単なる森林と山に思われていた「老いた峰」に、ハイラム・ビンガムはたどり着き、そしてそのふもとの村の鉄道建設に関わっていた日本人は役人になった。雲が階段を上っていく、自分は今天空に積み上げられた巨大な石にもたれかかっている。

 

ボリビアの仮面の道は見逃せない。黒人も白人も、キツネも犬も像も、牛やコンドルも、充血した目をひんむかせ、舌をつきだし、極度に肥大化させた唇をもっている。これをみている私も、ひょっとすれば悪魔なのだろうか・・・?窓ガラスのないラ・パスの高地の住居の壁には、「そうだ、モラレス(si, Morales)」と書かれている。海を奪われた最貧の多民族国家を、どのような力で引きつけているのだろうか。